パーソナルジム

COLUMN

筋トレの前にカフェインを摂るメリットは?どんな効果がある?

TOP - コラム一覧 - 筋トレの前にカフェインを摂るメリットは?どんな効果がある?

ジムなどでトレーニングを行う前にカフェインを摂っている人は少なくありません。

なぜトレーニング前にカフェインを摂るのでしょうか?

プロテインなどのサプリメントやドリンクは、筋肥大を起こすために必要な栄養素であるということは、多くの方がご存知かと思います。

では、筋トレ前に摂取するカフェインにはどのような効果があるのでしょうか?

筋トレ前にカフェインを摂るメリットについて解説します。

筋トレ前にカフェインを摂取するメリット

コーヒーなどに含まれているカフェインには、覚醒作用があることはよく知られています。

朝食には必ずコーヒーを飲むという方や、仕事で気合を入れるというときにコーヒーを入れるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筋トレを行う前も、カフェインを摂取することで集中力がアップする効果が期待できます。

また、カフェインを摂ることで、脂肪燃焼効果が高まるとも言われています。

カフェインで集中力アップ

カフェインを摂取することで、中枢神経が覚醒され、眠気や疲労が軽減されるといわれています。

筋トレ前にカフェインを摂ることで、トレーニングにしっかり集中でき、疲れを感じにくくなる効果を得ることができます。

カフェインで脂肪燃焼効果が促進される

カフェインといえば覚醒作用ですが、実は脂肪燃焼効果があることをご存知でしょうか?

カフェインを摂ることで、交感神経が刺激され、脂肪細胞の脂肪分解酵素の働きを高める効果があります。

さらに、血管拡張の効果もあるため、身体の血行が良くなるという効果もあります。

脂肪分解酵素の働きが高まることで、トレーニングにおける脂肪燃焼効果が高まり、より効率的なボディメイクを行うことができます。

カフェインを摂ることで筋肥大が起きる?

筋トレ前にカフェインを摂ると、筋肥大には効果的ということを聞いたことがあるかもしれません。

実はこの考え方は間違いで、カフェインを摂取したとしても筋肥大が起きるわけではありません。

カフェインを摂取すると、確かに集中してトレーニングに取り組める効果が期待できますが、かといって直接筋肥大に関わる栄養素ではないためです。

カフェインはトレーニングに集中するために飲む

脳の神経を覚醒させ、集中力を上げることで、いつもよりレベルの高いトレーニングにも集中して取り組むことができます。

集中力を挙げて、いつもよりも良いトレーニングができれば、その効果は筋肥大として現れますが、カフェインが筋肥大を起こす成分として働くわけではありません。

カフェインを摂取するなら筋トレ前?直後?

カフェインを摂取するなら、筋トレの前に摂取すればOKです!

トレーニングを始める30分前を目安に、サプリメントやコーヒーなどでカフェインを摂取すれば、トレーニングを行うときにちょうど効果が表れますよ。

筋トレの集中力を高めるなら30分前を目安に

個人差はありますが、摂取したカフェインは30分~2時間を目安に効果が表れるといわれています。

たくさん摂取するのではなく、3~6mg/(体重)の量をサプリメントやコーヒーなどの飲み物で摂取するのが最適とされています。

ここまで厳密に量を測って摂取する必要はありませんが、トレーニング前にコーヒーを一杯飲むだけでも、集中力や脂肪燃焼効果のアップが期待できます。

後ほど詳しくご説明しますが、カフェインは過剰摂取がNGですので、多く摂りすぎないように注意しながら摂るようにしましょう。

また、毎回トレーニングをする前に摂取するのではなく、いつもより重いウェイトのトレーニングをする、少し苦手な種目に今日は取り組む、などといった日にカフェインを摂取することもおすすめです。

日常生活でカフェインを摂取するなら?

お茶やコーヒーなど、普段私たちが気軽に口にする飲み物にも、カフェインが入っています。

筋トレの前に飲むこともおすすめですが、日常生活でも適切に取り入れてみましょう。

ここぞというときに集中力を切らさずに、仕事や勉強などに取り組めるようになりますよ。

朝食のコーヒーは合理的

カフェインには、体内時計を動かす作用があります。

体内時計を正しく動かすことで、脳や内臓の働きが高まり、健康的な生活ができるとされています。

健康的な身体作りや食生活を行っている方は、この体内時計を意識して過ごしている方も多いのではないでしょうか?

体内時計をリセットさせるのに効果的なのは、朝日を浴びて朝食を摂ることが一番です。

そこに、カフェインを摂取すると、体内時計を動かして早めることができます。

一日を活動的に始めるために、朝食のコーヒーを飲むことは合理的ともいえます!

午後の眠気にはお昼寝とカフェイン

トレーニングとは別の観点になりますが、カフェインの効果は、日常生活の小休憩にも使うことができます。

個人差がありますが、カフェインは摂取してから30分~2時間程度で効果が表れるということは、先ほどもご説明いたしました。

カフェインの効果が表れるこの時間差の間に、15分~30分程度のお昼寝をすると、カフェインが血中に吸収されて寝起きがすっきりすると言われています。

長時間の運転の時の休憩や、仕事の休憩時間などにこの方法で休憩すると、目覚めがすっきりします。

「いつもお昼ご飯の後は眠い…」ということが多い方は、ぜひ試してみてください!

筋トレ時にカフェインを摂取するデメリットは?

筋トレ時に限らず、カフェインは多く摂りすぎてしまうと中毒症状が起きてしまいます。

また、個人差がありますが、カフェインを摂取することで人によっては気分が悪くなってしまうこともあります。

心拍数が上がったり、不眠症や、下痢、吐き気などの健康被害を引き起こすこともあります。

また、日常的に多くのカフェインを摂ることも注意が必要です。

日常的にエナジードリンクやコーヒーなどでカフェインを摂取していると、どんどん耐性ができてしまいます。

集中力を上げたいときにカフェインを飲んでもなかなか効果が得られなくなったり、逆にカフェインを摂取しないと眠気や疲労感が強く出てしまうこともあります。

カフェインは過剰に摂取せずに、ここぞというときに適量を摂取するようにしましょう。

筋トレの前にカフェインを取るメリットは?まとめ

筋トレのときにカフェインを摂取することで、集中力が高まり、トレーニングの効果をアップすることができます。

これは、カフェインの効果として良く知られている覚醒作用によるもので、トレーニングに集中できるだけでなく、身体の疲れを軽減することができます。

筋トレのパフォーマンスを上げたいという方は、トレーニング前にカフェインを摂取してみてはいかがでしょうか?

BOSTYでは、トレーニングだけではなく一人ひとりに合った食事のアドバイスを行います。

どれぐらい体脂肪を落としたいのか、理想の体になるためにはどんな食事を心がけるべきか、それは一人ひとりに違います。
マニュアル頼りの食事指導ではなく、お客様に合った内容のものをご提案いたします。

まずは、無料カウンセリングにお気軽にお越しください!

最新記事

関連記事

会社概要

社名 BOSTY 株式会社
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目16ー11 桜川アネックス4F
電話 03-6820-9701
URL https://www.bosty.jp/
設立 2015年2月18日
資本金 2,000万円
代表者
  • 代表取締役 阿部 一仁 Kazuhito Abe
事業内容
  • パーソナルトレーニングジム運営
  • パーソナルトレーナーの育成事業
  • 企業向けウェルネス・マネジメント事業