パーソナルジム

COLUMN

筋トレの効果が一番出る時間帯は?筋トレを行うベストなタイミング

TOP - コラム一覧 - 筋トレの効果が一番出る時間帯は?筋トレを行うベストなタイミング

筋トレは日々の積み重ねで結果が表れます。

せっかく筋トレをするなら、効率のいい時間帯に行いたいですよね。

それでは筋トレの効果を最大限にする時間帯・タイミングはいつでしょうか?

今回は、筋トレの効果が一番出る時間帯について解説します。

筋トレを行うベストな時間帯・タイミングは?

筋トレを行うベストな時間については所説あります。

しかし、トレーニングを行う上で重要なのは「ベストな時間帯に取り組むこと」よりも、「自分の生活リズムに合わせた時間帯にしっかりと取り入れること」です。

日中は仕事や学校に出ている方が多いので、「午前中から昼頃にかけての時間帯が一番効果的」と言われても、なかなかその通りに筋トレを行うのは難しいですよね。

また、一番効率のいい時間帯が、自分の生活リズムに合っていないとなると、それだけでもモチベーションが下がってしまうかもしれません。

筋トレは継続して行うことで、ボディラインに結果が出てきます。
まずは、ご自身が無理なく取り組める時間帯で、筋トレの期間中は必ず継続するということを目標にしましょう!

時間帯別のメリットや注意点を知るのも重要

ご自分のライフスタイルに合っていて、無理なく継続することができるようであれば、筋トレは朝・昼・晩の、どの時間帯に行っても問題ありません。

しかし、朝起きてすぐや寝る直前の筋トレにはマイナスな部分もあります。

筋トレの質をより高めるためには、時間帯別のメリットや注意点をしっかりと理解したうえで取り組むことも重要です。

朝の時間帯に筋トレを行うメリットと注意点

朝の時間を有効活用したいという方や、生活スタイル的に朝の方が時間が取れるという方は、朝の時間帯に筋トレを行ってみましょう。
ラジオ体操などの運動を朝の時間に取り入れているという方は、一緒に筋トレも取り入れて習慣化を図ってみてはいかがでしょうか?

朝の時間帯に筋トレを行うメリット

朝起きたあとは、体温も代謝も下がってしまっている状態です。

朝の時間帯に筋トレを行うメリットは多くあります。

・体温・代謝を上昇させる
・効率的にカロリーを消費することにもつながる
・身体を動かすことで自律神経のリズムが整う。

しかし、朝起きた直後は、あまりハードなトレーニングを行うのではなく、軽めのトレーニングで1日のウォーミングアップを図りましょう。

朝の時間帯に筋トレを行う注意点

朝起きた直後は、身体がまだトレーニングをするためのスイッチが入っていない状態。
この状態で急に負荷の高いトレーニングを行ってしまうと、怪我をする恐れがあります。

朝筋トレを行う際は、しっかりとストレッチを行い、高負荷のトレーニングは行わないように注意しましょう。

また、朝起きた直後は身体にエネルギーがない状態ですので、筋トレを行う前には軽く栄養と水分を摂ることを忘れずに。

朝食をしっかり食べた後は、逆に満腹状態でトレーニングしづらくなってしまうので、エネルギー補給は適度に、そしてタイミングを見て行いましょう。

昼の時間帯に筋トレを行うメリットと注意点

筋トレ

昼間は身体のスイッチが入りはじめ、筋トレをしやすい状態になっています。
一般的に、筋トレの効果が一番出やすいのは昼の時間帯と言われているようです。

しかし、日中はお仕事などをしている場合が多く、なかなか筋トレの時間を作れないという面もあります。

昼の時間帯に筋トレを行うメリット

昼間はすでに身体が活動的になっているので、筋トレをするにはちょうどいいコンディションです。

人間の生体リズムとして、身体の昨日は昼から夕方にピークを迎えます。

起床してから時間が経ち、体温も上昇している状態なので、朝と比べると、ハードなトレーニングにも取り組むことができます。

昼の時間帯に筋トレを行う注意点

昼の時間帯は、筋トレを習慣化しづらいというデメリットがあります。

多くの方は、昼間は仕事や家事などをしており、なかなか筋トレの時間を組み込むことが難しいのではないでしょうか?

また、昼の時間帯はハードなトレーニングに最適な時間帯ですが、トレーニングを頑張りすぎて眠くなってしまい、夜まで眠ってしまうということもあります。

夜の時間帯に筋トレを行うメリットと注意点

夜の時間帯は多くの人が筋力トレーニングに励む時間帯です。

トレーニングした後は、身体をしっかりと休めることができるので、多少負荷の高いトレーニングで追い込むことも可能です。

夜の時間帯に筋トレを行うメリット

忙しい朝や昼に比べて夜の時間は習慣化しやすいというメリットもあります。

また、トレーニングした後は睡眠や休息の時間になるので、筋肉を追い込むようなトレーニングを行うのにも適している時間帯といえます。

夜の筋トレは、昼間同様、筋肉もほぐれて体温が上がっている状態ですので、朝と比べるとコンディション的にもすぐに筋トレにとりかかることができます。

夜の時間帯に筋トレを行う注意点

夜の時間帯に筋トレを行うと、寝つきが悪くなってしまうことがあります。

寝る直前に筋トレを行うというよりは、「お風呂に入る前」「夕食の2時間後」など、余裕を持った取り組みをしましょう。

夜の時間帯に筋トレを行う際に重要な点があります。

・遅い時間に行わないこと
・長時間だらだらと行わずに集中して短時間で行うこと
・筋トレ後はしっかり休息を取ること。

夜の筋トレに関しては【寝る前の筋トレは実はNG?就寝前のトレーニングの本当の効果とは】をご覧ください。

筋トレを行うときに避けるべき時間帯

朝起きてすぐの時間帯や、寝る直前、空腹の時は筋トレを避けるようにしましょう。

朝起きてすぐのトレーニングは、無理にトレーニングを行うと怪我につながる可能性もあります。
先ほどご紹介したように、朝起きてすぐはまだ筋肉が硬い状態ですので、無理に高負荷なトレーニングをせず、軽い筋トレで身体のスイッチを入れるようにしましょう。

逆に寝る直前の筋トレは、身体が興奮状態になってしまい、スムーズな眠りにつけなくなってしまいます。
できれば寝る1時間前までには筋トレを終わらせておくようにしましょう。

また、効果的な筋トレを行うには、十分な栄養と水分が必要不可欠です。

空腹の状態で行うと、エネルギーが不足している状態でトレーニングをしていることになります。
すると、身体は足りていないエネルギーを調達するために、筋肉を分解してエネルギーを補給してしまいます。

こうなってしまっては本末転倒ですよね。

筋トレの時間帯は特に指定しませんが、朝起きてすぐの時間帯や、寝る直前、空腹の時は筋トレを避けるようにしましょう。

筋トレの効果が一番出る時間帯は?|まとめ

筋トレの効果は、昼の時間帯が効果が出やすいと言われています。

しかし、今回ご紹介しましたように、どの時間に筋トレを行ってもメリットはあります。

一番重要なのは、ライフスタイルに合わせて無理をせずに続けられる時間帯にトレーニングを行うことです。

平日は夜の時間帯、休日は朝や昼の時間帯など、取り組める時間帯を見つけて、しっかりと取り組んでみてください!

「自分でトレーニングを行っているけれど、なかなか成果がでない…」
「ひとりだとモチベーションが保てない」
このようなお悩みはありませんか?

BOSTYでは、お客様一人ひとりに合ったトレーニングメニュー、適切な食事管理を行います!
トレーニングや体形でお悩みの方は、無料カウンセリングにお気軽にお越しください!

最新記事

関連記事

会社概要

社名 BOSTY 株式会社
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目16ー11 桜川アネックス4F
電話 03-6820-9701
URL https://www.bosty.jp/
設立 2015年2月18日
資本金 2,000万円
代表者
  • 代表取締役 阿部 一仁 Kazuhito Abe
事業内容
  • パーソナルトレーニングジム運営
  • パーソナルトレーナーの育成事業
  • 企業向けウェルネス・マネジメント事業