パーソナルジム

COLUMN

筋トレの水分補給に適している飲み物、避けるべき飲み物とは?

TOP - コラム一覧 - 筋トレの水分補給に適している飲み物、避けるべき飲み物とは?

みなさんは筋トレの際に飲む飲み物を気にしていますか?
筋トレの目的が、ダイエットなのか、ボディメイクなのかによって飲み物は変わってきます。

せっかく筋トレをしているので効果を最大にしたい!という思いは皆さん同じですよね。
今回は、筋トレの水分補給に適している飲み物と避けるべき飲み物について解説します。

BOSTY流食事の基本

ダイエットジムやパーソナルジムによって、食事に関する考え方は大きく異なります。
例えば、オーガニック食材をメインにするジム、スーパーフードを推すジム、炭水化物を断つ食事指導をするジム、PFCバランスを食事管理の根幹に据えるジムなど多岐に渡ります。
もちろんBOSTYでも、食事に対する考え方が存在します。

飲み物も食事に含まれますので、まず前提としてBOSTY流食事術を解説します!

体重ではなく見た目を大事に考えている

BOSTYメソッドでは、体重よりも見た目を変えることが大切だと考えています。
実際にBOSTYに通われているお客様からも「体重が同じなのに、こんなにもボディラインが変わるんですね!」と言っていただけることが多くあります。

女性の場合、ただ細いだけではなく、メリハリのあるボディライン。
男性なら厚い胸板とたくましい腕など、体重も大切ですが、それ以上に自分の理想のボディラインを叶えることが重要となります。

よって、BOSTYでは体重だけが減少する過度な食事制限は推奨していません。

・糖質完全カットなどの無理な食事制限はしない
・健康的で正しい食事をする

正しい食事は、一時的ではなく、この先の人生もずっと続けていく必要があります。
BOSTYでは、極度な節制でなく、習慣として定着できる食事指導をしております。

例えば、糖質は体を動かすエネルギーとなります。
筋肉を作る際にも多くのエネルギーが必要となるので、糖質は体にとって必要不可欠なのです。

他のジムでは、食事管理の中に極端な糖質制限を設ける所もありますが、BOSTYは「糖質は体を動かすうえで重要なエネルギー源」と考えております。
「トレーニング期間中は一切炭水化物を食べない」というような、極端に糖質を制限するということはありません。
もちろん、糖質は過剰に摂取してしまうと、体脂肪の原因となってしまいますので、普段から糖質を多く含む食事を好んで食べている方は、見直しが必要となります。
筋トレと糖質制限に関しては【筋トレ中は糖質制限するべき?それともNG?トレーニング中の食事】をご覧ください。

BOSTYメソッドは、筋トレと正しい食事管理を通じて理想の体を手に入れる手段ですので、メリハリのあるボディラインになりたい方は、筋肉をつけて「見た目が美しくなること」を目標としています。

水分補給に適した飲み物は?

BOSTYの食事法をご紹介しましたが、ここからは水分補給について解説します。
エネルギー源である糖を摂取して良いのなら、砂糖がたくさん入っているジュースを飲んでもいいのか?など疑問に思うことはたくさんありますよね。
それでは、BOSTY流水分補給に適した飲み物と避けるべき飲み物をご紹介します。

まずは、通常時(筋トレをしていないときなどの日常)の水分補給のおすすめからご紹介しますね。

筋トレ時に避けるべき飲み物:ジュース・清涼飲料水

BOSTYではジュースや清涼飲料水を水分としてカウントしません。完全に避けるべき飲み物です。

ポカリスエットなどの清涼飲料水は、一般的に糖質を多く含みます。
筋トレ中に飲む方もいますが、それは自分自身で栄養バランスの管理ができて、摂取のタイミングまで把握している方の場合。

これからダイエットをして、ボディラインを整えようとしている方は、清涼飲料水での糖質摂取は避け、一日を通した食事で適切な量を摂取しましょう。

しかもジュースは水分ではなく、お菓子とほぼ同じです。
通常時に糖を山ほど摂取していたらもちろん太るだけですのでお気を付けください。

日常生活の水分補給でおすすめの飲み物

・水やお茶を1.5L~2Lくらいを目安に摂取することがおすすめ
・ただし、カフェインが多いものは利尿作用がある
・ジュースや清涼飲料水は水分としてカウントしない

季節によっても多少の変動はありますが、これらが通常状態のときにおすすめする水分補給です。

筋トレの時に適している水分補給は?

では、本題の筋トレをしている時に適している水分補給と避けるべき水分補給はなんでしょうか?
BOSTY流食事術を参考に解説していきます。

筋トレ中はエネルギー不足

トレーニング中は、ひたすら体に負荷をかけている状態ですので、もちろんエネルギーが減っていきます。
ハードなトレーニングをするのであれば、途中でエネルギーが枯渇しないようにしなければなりません。

そこで重要になってくるのが、「糖」の摂取なのです。
人間の脳と筋肉は糖質をエネルギー源として使うので、補給してあげなければなりません。
ドライブをするときにガソリン入れてから走るのと同じ原理で、体もエネルギー源である糖がなくなってくるとパフォーマンスが落ちてくるのです。

糖の摂取方法

糖が大切なことは分かりましたが、筋トレ中にご飯をたくさん食べろというのも目的によっては間違った食事の摂り方になってしまいます。
そこで、筋肉を修復してくれる「糖の入った飲み物」が適しているのです。

例えば、
・クラスターデキストリンという炭水化物のサプリメントがあり、それを水に混ぜて飲みながらやる
・筋肉の分解を防ぐために適度にアミノ酸(EAAとかBCAA)をとりながらトレーニングを進めていく
などの方法があります。

これらのような傷ついた筋肉を修復する成分が入っているものがおすすめです!

筋トレの水分補給に適している飲み物まとめ

・水だと筋肉を修復する栄養素が入ってないので、すぐにフラフラしてしまったりボーっとしてしまったりして、トレーニングのパフォーマンスが下がってしまう可能性がある
・サプリを水に溶かして飲んだり、アミノ酸を摂取しながら行ったほうがトレーニングのパフォーマンスがアップする

プロテインを補給するなら

トレーニングとプロテイン

プロテインは、食事では不足しているタンパク質を補うためのサプリメントです。
運動中に飲むのも良いですが、吸収する際に若干のエネルギーが必要になったり、味によっては運動中に飲み難かったりもします。

多くの方は、プロテインを運動の前後や就寝前など、タイミングや量を調整することが重要になります。

補給のタイミングは計算し尽くす

プロテインは傷ついた筋肉繊維の修復が行われるタイミングで飲むのが最も有効的です。
水分の代わりに常に飲むものではありませんので、消化吸収がいいタイミングやトレーニング前後が最もおすすめです。

プロテイン摂取のタイミング

では、実際に摂取すべきタイミングとはいつでしょうか?
BOSTY流のおすすめは、以下のタイミングです。

・朝食前
起床してすぐは消化吸収が良いため
・小腹が空く15時~17時頃
・就寝前
就寝中は傷ついた筋繊維の修復が行われているため

これに加え、トレーニングをする日には、トレーニング前後と最中に、アミノ酸などのサプリメントを摂取することをおすすめします。

【プロテイン摂取の注意点】
プロテインは、食事でのタンパク質摂取量と合わせて、体重×2.5gを目安に摂取してください。

筋トレの水分補給に適している飲み物と避けるべき飲み物まとめ

通常時と筋トレ時に適している飲み物をまとめました。
やはり筋トレは体に負荷を与えるものですので、しっかり修復できる成分をとらなければいけません。

もちろん水やお茶、コーヒーでも問題ございません。
トレーニングを続けていく中で、ご自身に一番合った飲み物を探してはいかがでしょうか?

理想の体を作るにあたって、栄養補給や食事はトレーニングと同じくらい重要な要素です。
ぜひ栄養補給や食事にも気を使って、効果的なトレーニングにしてください!

ボディメイクをするとき、身体を作る為の栄養素をしっかり調べて考えることも大切です。
正しい栄養素の知識が無いと、折角の筋トレの効果も水の泡になってしまうかもしれません。

また、食事は個人個人で摂るべき栄養素や、減らすべき食事などが変わってきます。
効率的に確実にボディメイクを行うなら、パーソナルジムでトレーナーの指導を受けてみませんか?

BOSTYでは無料のカウンセリングを随時受け付けております!
体形の悩み、なりたいボディライン、目標とする期間など、お気軽にご相談ください!

最新記事

関連記事

会社概要

社名 BOSTY 株式会社
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目16ー11 桜川アネックス4F
電話 03-6820-9701
URL https://www.bosty.jp/
設立 2015年2月18日
資本金 2,000万円
代表者
  • 代表取締役 林 鉄太郎 Tetsutaro Hayashi
  • 代表取締役 阿部 一仁 Kazuhito Abe
事業内容
  • パーソナルトレーニングジム運営
  • パーソナルトレーナーの育成事業
  • 企業向けウェルネス・マネジメント事業