パーソナルジム

COLUMN

脂質制限と糖質制限、筋トレするときはどっちを優先すべき?

TOP - コラム一覧 - 脂質制限と糖質制限、筋トレするときはどっちを優先すべき?

理想の身体を叶えるために、トレーニングと同じくらい重要になるのが「食事」です。

しかし、ダイエットジムやトレーナーによって食事に関する考え方は大きく異なり、混乱してしまう方も少なくないようです。

そこで今回は、食事の中でも特に悩みやすい「脂質制限」と「糖質制限」について、BOSTY流の食事メソッドとともに解説します。

脂質制限の方が効果的?

結論から言うと、BOSTYでは「糖質制限」よりも「脂質制限」を優先的に行うことを推奨しています。

ボディメイクで行う食事は、目標の身体になれた後でも一生続けられる食事管理でなければなりません。

「糖質制限」は、ご飯やパン・麺など主食となるものが多く、筋トレの期間中ずっと制限していくことが非常に難しいです。

それに対して「脂質制限」では、揚げ物を食べないようにする、炒め物の油を少量に抑えるなどといった制限をします。
このような脂質制限は、炭水化物などを我慢する糖質制限よりも、長期的に続けやすいという特徴があります。

食事の見直しで重要なのは、集中して身体を変える期間を終えても、ずっと続けられる食事を選んで行うことです。

先述したように、糖質制限よりも脂質制限の方が長期的に行いやすく、リバウンドしにくいのです。

また、ダイエットと筋トレによって理想的なボディラインを作るには、ダイエットと筋トレの両方が必要となります。

特に筋トレをする際、糖質はカラダを動かすエネルギーと筋肉をつくるエネルギーになり、効果的な筋トレに必須の栄養素となります。

その意味でも、過度な糖質制限は理想的なボディラインを作る妨げになってしまいます。

「極端な糖質制限」ではなく、健康的な正しい食事をする

BOSTYでは、健康的な食事をしながらボディメイクをするために、糖質を適度に摂取することを推奨しています。

「糖」は活動のためのガソリンでもあるため、過剰に糖質を制限してしまうと、元気に活動するためのエネルギーが不足した状態になってしまいます。

ただし、「糖質は食べなくてはいけないものだから」と過剰摂取にならないようにご注意ください。

例えば、ラーメンやうどん、パスタなどの料理は糖質が多い料理ですので、こういったものを頻繁に食べてしまうと、過剰摂取の原因になります。

食事は一品もので済ませず、ワンプレートなどで8~10品目を目安に食事を摂るようにしましょう。

特に気を付けるべきなのは脂質の過剰摂取

BOSTYの食事プログラムでは、過度な食事制限を行っていませんが、理想のボディラインを目指すために、避けるべき食材の指導を行っています。

例えば、揚げ物や脂身の多い肉などの脂質の多い食材は、脂質の過剰摂取の原因になります。

脂質は身体に必要な栄養素ですが、卵や魚、肉などの食材から必要な量を摂取できます。
ですので、揚げ物などで過剰に摂取してしまうと、せっかくの筋トレの効果も無駄になってしまいます。

避けるべき食材一覧

糖質が多いもの…カレー、ラーメン、パン、うどん、シチューなど
カロリーが高いお菓子…スナック菓子、生クリームを使用したケーキ、アイスクリーム、菓子パン
脂身・油分が多いもの…脂身の多い肉・トンカツ・からあげなど揚げ物
乳製品…バター、マーガリン、牛乳、チーズ

BOSTY流食事メソッド

BOSTYメソッドでは、「体重よりも見た目を変えること」が大切だと考えています。
女性の場合、体重を落とした細い身体よりもメリハリのあるボディラインが重要ですし、男性なら厚い胸板やたくましい腕などが見た目に大きな影響を与えます。

体重よりも自分の理想のボディラインを叶えることを目標にトレーニングを行います。

ですので、BOSTYでは体重だけが減少する過度な食事制限は推奨していません。
・1日1食にする
・糖質を全く摂らない
・無理に我慢して食べない
などといった食生活は行わず、健康的な正しい食事をしながらボディメイクを行いましょう。

制限ではなくずっと続けられる食事法

過度な食事制限で短期間で体重を落としても、結局リバウンドしてしまったら意味がありません。
正しい食事法は一時的なものではなく、この先もずっと続けていく必要があります。

先ほど説明しましたように、BOSTYでは、極度な食事制限ではなく、トレーニングの期間が終わった後でも習慣として定着できる食事指導をしています。

BOSTYが推奨する食事

ボディメイクは、継続的に筋トレするだけでは成し得ないことです。
普段の食事で摂っている食事を少し意識すれば、ボディメイクに適した食生活を送ることができます。

タンパク質と食物繊維で美しい身体になる

しなやかな筋肉や美しい肌など身体の大部分を構成しているのが「タンパク質」です。
BOSTYでは、食事の際に肉・全卵・魚・大豆などのタンパク質が多く含まれるものを毎食食べることを推奨しています。

また、身体の調子を整える働きのある食物繊維で健康な身体を作ることも重要です。タンパク質と食物繊維をバランスよく摂取しましょう。

ボディメイクにおける推奨食材

タンパク質の多い食材…肉(脂身の少ない鶏肉、牛赤身肉)・全卵・魚(まぐろ、カツオ等)・大豆製品(豆腐、納豆、みそなど)
食物繊維が多いもの…緑野菜(ブロッコリー、モロヘイヤ、アスパラガス、いんげん)・きのこ類・海藻類・ナッツ類(アーモンド、生くるみ)
その他の推奨食材…パプリカ、セロリ、カリフラワー、玄米、黒米、十割そば、さつまいも、かぼちゃ、いちご、キウイ、りんご、バナナ、アボカド、チョコ(カカオ100%)、枝豆

健康的に美しくなる食事のポイント

①朝食は必ず食べる。夕食は早めにする
朝食は1日のエネルギーとなる重要なものです。また、夕食が遅くなる時はおかゆなどの消化に良いものを選ぶことをオススメします。

②一度の食事で8~10品目摂る
品目が多いと栄養の偏りを防ぐことができます。
1品ずつは少量で良いので、ワンプレートで多くの栄養素を摂れるものがベストです。

③甘いものは和菓子やフルーツで代用する
洋菓子よりも和菓子の方が低カロリーな傾向があるので、団子やようかんを選ぶことをオススメします。
フルーツには食物繊維も含まれており、健康促進にも繋がります。

④水を十分摂取する
1日1.5L~2Lを目安に水分補給を行ってください。
水には代謝を上げたり、血液をサラサラにしたりする効果があるので、水分補給は多めに行いましょう。

筋トレ期間中の水分補給は【筋トレの水分補給に適している飲み物、避けるべき飲み物とは?】をご覧ください。

他にも、よく噛んでゆっくり食べることや食事回数を増やして小分けに食べることを意識すると、筋トレと相乗効果が生まれます。

脂質制限と糖質制限、どっちを優先すべき?まとめ

脂質制限と糖質制限をはじめ、BOSTYの食事に対する考え方をまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

BOSTYでは「脂質制限」を優先することをオススメしています。
筋トレと同時に食事にも気を付けることで、より効果的なボディメイクへと繋がります。
ぜひみなさんも「見た目が美しくなること」を目指し、健康的な食事をしながらボディメイクをしてみてくださいね。

ボディメイクを行う上で食事の見直しはかなり重要です。

しかし、巷では過度な食事制限や糖質制限ダイエットなどが流行っており、リバウンドにつながりやすい食生活をしている方が非常に多いのが現状です。

健康的に、美しい身体を手に入れるなら、BOSTYのパーソナルトレーニングと食事指導を受けてみませんか?

人の身体は全員違います。悩みやなりたい身体も十人十色です。
BOSTYは、お客様一人ひとりに合わせたトレーニングと食事指導を行い、無理なく確実に理想のボディラインへと導きます!

まずはお気軽に無料カウンセリングへお問い合わせください!

最新記事

関連記事

会社概要

社名 BOSTY 株式会社
本社所在地 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目16ー11 桜川アネックス4F
電話 03-6820-9701
URL https://www.bosty.jp/
設立 2015年2月18日
資本金 2,000万円
代表者
  • 代表取締役 阿部 一仁 Kazuhito Abe
事業内容
  • パーソナルトレーニングジム運営
  • パーソナルトレーナーの育成事業
  • 企業向けウェルネス・マネジメント事業